妊娠線を事前に予防しよう|化粧品で悩みをカット

女性

お腹の肌の裂け目

お腹

外果皮の硬い果物は、果肉が成長すると裂けますが、妊娠中の女性のお腹の肌も、硬いと裂けることがあります。これを妊娠線というのですが、これはボディ用の基礎化粧品で肌を柔らかくすることで予防可能となっています。妊娠線の予防専用の基礎化粧品もあり、これには肌に優しい低刺激な成分や美白成分が配合されています。

More Detail

妊娠中、出産後の悩み

女性

妊娠し、お腹が大きくなることで、お腹や腰の皮膚が引っ張られ、急激に伸びることでできる妊娠線。できてしまうと簡単には消せるものではないため、保湿をして予防していくことが大切です。できやすい人、できにくい人は人それぞれですが、乾燥や体重の急激な増加にも気を付けながら、早めにケアしていきましょう。

More Detail

妊娠中に必要なスキンケア

微笑む女性

保湿の高いアイテム

妊娠線は、皮膚の表面の下にある真皮の部分が裂けてしまった結果、裂けた部分から毛細血管が見えて赤い線が外から見えてしまう状態のことを言います。表皮はある程度伸びやすくはなりますが、真皮部分には伸びに限界があります。妊娠線が出来やすい人の特徴について、最も挙げられるのは、急激に体重が増加したり、10キロ以上増えた妊婦であるということです。急な体重増加や、必要以上の増加は、お腹の皮に負担をかけやすくなります。ゆっくりとお腹が大きくなる時は、徐々に皮膚が伸びるので負担が小さいです。そのため、妊娠線を少しでも出ないようにするためには、毎月の体重を確認し、食事や運動などで無理の無い範囲で管理することが大切です。

線が出来やすい人

妊娠してお腹が大きくなってくると、お腹の皮膚が伸びてきて、妊娠線ができやすくなります。妊娠線を防止するために、多くの妊婦は専用のオイルやクリームを使っています。オイルやクリームを毎日使うことで、肌が保湿され、皮膚が伸びた時に線が出来にくくなります。最近では、ドラッグストアなどで気軽に購入することができるので、とても便利です。妊娠線予防のオイルやクリームを買う際には、単に香りや価格だけでなく、保湿性の高さで選ぶと良いです。例えば、シアバターやオリーブなどの成分が多く入っているものは、保湿性がとても高く乾燥しにくいので、保湿効果が持続しやすくなります。また、ボディローションとの併用で使用することも、効果が高まります。

予防の鍵は保湿

妊婦

妊娠すると多くの女性に発生する妊娠線は一度できると消すことが難しく悩みの種になります。専用のオイルやクリームで十分に保湿することが予防には効果的です。出産まで手を抜かず念入りにケアを続けることできれいなお腹をキープすることが可能です。

More Detail